« ハーバードの「世界を動かす授業」 | トップページ | オープンアーキテクチャのメリットとデメリット »

2010年10月14日

PLC世界シェア34%のシーメンスもWindowsリアルタイムIO制御

PLC世界シェア34%のシーメンスもWindowsリアルタイムIO制御をやっている。

とあるセミナーで聞いた話。

2008年のPLCの世界シェアNo.1はSiemens。33.6%。

その巨大PLCメーカも、Windowsリアルタイム制御でソフトPLCを製品化、販売している。

しかも、IntervalZero社のRTXベースで。

プライムモーション社の「MOS Bench」と同じ。

PLCベースの言語か、モーションコントローラベースの言語かの違い。

「MOS Bench」って、けっこう、先進的!

巨大PLCメーカがWindowsリアルタイム制御のソフトウェアPLCを製品化する理由は、なぜでしょうね?

Windowsリアルタイム制御のメリットを無視できないってこと?

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« ハーバードの「世界を動かす授業」 | トップページ | オープンアーキテクチャのメリットとデメリット »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハーバードの「世界を動かす授業」 | トップページ | オープンアーキテクチャのメリットとデメリット »