« セミコンジャパン2010パナソニックのブースに出展します。 | トップページ | 最近不足している物はスイッチング電源とフォトカプラ »

2010年10月23日

間違った図面は必ず修正してください

間違った図面は必ず修正してください。

「モーションおやじ」は、一品一葉の装置開発のお手伝いをしています。

新開発の1台目の装置デバッグで間違った配線が見つかった場合、

当然その場では、直します。

しかし、元図面を修正しない人がいます。

なぜわかるかと言うと、

類似の次の装置で、デバッグに行ったとき、前回と同じ間違いがあるのです。

1台目の出荷の時は、土日も休めない大騒ぎですが、

出荷したら、図面の赤字修正部を元図面に反映させましょう。

そうすることによって、効率的な仕事になります。

「そんなの当然のこと!」と思っていましたが、何社も経験しています。

昨日も。

特殊装置なので、1台限りと思ってしまうのか、

あるいは、現場の外注さんが申告しても、設計者は忙しくて忘れてしまうのでしょうか?

細かい仕事の積み重ねが、体質を強化します。

会社も自分も。

展示会出展情報(プライムモーション社):

 12月1日から3日 セミコンジャパン2010

 幕張メッセ、8ホール8B-305

 パナソニックホームアプライアンス社ブース内に出展します。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« セミコンジャパン2010パナソニックのブースに出展します。 | トップページ | 最近不足している物はスイッチング電源とフォトカプラ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セミコンジャパン2010パナソニックのブースに出展します。 | トップページ | 最近不足している物はスイッチング電源とフォトカプラ »