« RealtimeExpressサーボドライバとパルス列ステップモータの同期 | トップページ | パルス列入力5相ステップとRTEXサーボドライバ(A5N)のらせん補間 »

2010年11月27日

20bit分解能エンコーダの性能を活かす

20bit分解能エンコーダの性能を活かす。

いま、パナソニック社の20bit分解能エンコーダ付きモータを制御している。

20bit分解能を活かすとなると、シャフト1回転あたり

2^20=1、048、576パルス送る必要がある。

3000rpm=50rpsでモータを回す場合は、

52、428、800[pps]=52M[pps]が必要。

52メガですよ!

ラインドライバタイプのパルス列入力サーボドライバでは対応できない。

いま、触っているサーボドライバは、RealtimeExpress対応のA5Nなので、シリアル通信指令で実現できる。

桁違いに数字が大きくなるので

・最大指令周波数

・許容位置偏差

・位置決め完了幅

・パルススケール(ユーザ単位当たりのパルス数)

等々

あちこちのパラメータを変えている。

昔の2048パルス(4てい倍で13bit分解能)の頃から比べると、

128倍になっている。

技術は進歩しますね!

★展示会出展情報1(プライムモーション社):

2010

 12月1日から3日 セミコンジャパン2010

 幕張メッセ、8ホール8B-305

 パナソニック社モータビジネスユニットのブースに出展します。

  ・スタンドアローンの「InterMotion」

 ・手軽にWindowsリアルタイムの「MOS Bench」

 「モーションおやじ」

 の実物を見てくださいね!

●展示会出展情報2(プライムモーション社):

 12月1日から3日 ET2010

 パシフィコ横浜 小間A-15

 マイクロソフト内 東京エレクトロンデバイス社ブースに出展します。

   ・手軽にWindowsリアルタイムの「MOS Bench」

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« RealtimeExpressサーボドライバとパルス列ステップモータの同期 | トップページ | パルス列入力5相ステップとRTEXサーボドライバ(A5N)のらせん補間 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RealtimeExpressサーボドライバとパルス列ステップモータの同期 | トップページ | パルス列入力5相ステップとRTEXサーボドライバ(A5N)のらせん補間 »