« どうしてRTEX対応モーションコントローラ「InterMotion」は青いのか? | トップページ | 今日はいい天気、中央アルプスの宝剣岳もきれいに見える »

2010年11月10日

リアルタイムWindows化でメリットが出るシステム

リアルタイムWindows化でメリットが出るシステム。

潜在的なお客様にヒヤリングしているといろいろなシステム構成がある。

シーケンサをメインのコントローラにして、Windowsパソコンを高画素の画像処理専用装置として従えている。

上位システムから、ウェハー内のマッピングデータをシーケンサが受けている。

社内にWindowsプログラマがいるが、画像担当で制御プログラムは書いていない。

Image001

リアルタイム化したWindowsパソコンにしたら、構成が簡単で、

安くなりそうだから、「MOS Bench」に興味を持った。

Image002

とてもとても、リアルタイムOSを一から勉強して、製品に使う時間はない。

プライムモーション社の「MOS Bench」だったら、

すぐにリアルタイムWindowsでIO制御できそうだと思った。

★展示会出展情報(プライムモーション社):

2010

 12月1日から3日 セミコンジャパン2010

 幕張メッセ、8ホール8B-305

 パナソニックホームアプライアンス社ブース内に出展します。

  ・スタンドアローンの「InterMotion」

 ・手軽にWindowsリアルタイムの「MOS Bench」

 「モーションおやじ」

 の実物を見てくださいね!

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« どうしてRTEX対応モーションコントローラ「InterMotion」は青いのか? | トップページ | 今日はいい天気、中央アルプスの宝剣岳もきれいに見える »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうしてRTEX対応モーションコントローラ「InterMotion」は青いのか? | トップページ | 今日はいい天気、中央アルプスの宝剣岳もきれいに見える »