« 入力信号のAND(論理積)をしてみます | トップページ | 入力信号の立ち上がりを検出してみます »

2010年12月21日

入力信号のNOT(否定)をしてみます

入力信号のNOT(否定)をしてみます。

今日は、昨日までやってみたAND(論理積)、OR(論理和)に引き続いて、NOT(否定)をしてみます。

否定は「!」マークを使います。

1秒毎、5121番ポートをリードして、2113番ポートにそのNOT(否定)を出力します。

5121番ポートが1ならば、NOTは、0。2113番ポートに0をライトすることになります。

逆に、

5121番ポートが0ならば、NOTは、1。2113番ポートに1をライトすることになります。

プログラムは、以下になります。

Mosbench_not

あっさり、

5121番ポートをリードして、その否定なので、

!ReadPort(5121)

を2113番ポートにライトしています。

動作波形は、以下になります。

Analyzer_not

★今日のまとめ

NOT(否定)は「!」

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

簡単 お手軽 低コスト Windows リアルタイムIO制御環境 【MOSBench EY(モスベンチ いいわい)】

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 入力信号のAND(論理積)をしてみます | トップページ | 入力信号の立ち上がりを検出してみます »

パソコンでI/O制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入力信号のAND(論理積)をしてみます | トップページ | 入力信号の立ち上がりを検出してみます »