« 入力信号のレベル2回一致のフィルタを作ります | トップページ | 入力信号のAND(論理積)をしてみます »

2010年12月19日

入力信号のOR(論理和)をしてみます

入力信号のOR(論理和)をしてみます。

2つの入力信号のどちらかが1ならば、出力に1をライトしてみます。

OR(論理和)は「||」を使います。

「|」は、「Shift」キーと「\」キーを同時に押します。

5121番ポートが1、もしくは(OR)、5122番ポートが1ならば、

2113番ポートに1をライトします。

1秒毎にサンプリングして、判断しています。

Mosbench_or_2

波形で観測すると、以下になります。

Analyzer_or

入力A(5121番ポート)が1なら、出力(2113番ポート)が1、

入力B(5122番ポート)が1なら、出力(2113番ポート)が1

になっています。

波形のボート番号は、都合があって、プログラムで使ったポート番号から2048引いて、見てください。

例えば、入力Aは、5121-2048=3073のように。

★今日のまとめ

OR(論理和)は「||」

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 入力信号のレベル2回一致のフィルタを作ります | トップページ | 入力信号のAND(論理積)をしてみます »

パソコンでI/O制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入力信号のレベル2回一致のフィルタを作ります | トップページ | 入力信号のAND(論理積)をしてみます »