« 土曜日ですが納品に行きました | トップページ | お客様の納品が遅れ遅れになってお客様のお客様が土日無しのペースです »

2011年1月23日

お客様の装置に関してはお客様の頭の中にあること以上はできません

お客様の装置に関してはお客様の頭の中にあること以上はできません。

最初の装置の仕様打ち合わせ、

その後の仕様すり合わせ、

開発仕様書が固まってその確認の打ち合わせ、

を行って、

ハードウェア、ソフトウェアの設計、実装をしていきます。

しかし、開発仕様書にしたがって作成した成果物を

お客様に納品して、説明しているときに、

「実は、こうだった」

「言うのを忘れていた」

違う人が打ち合わせに出てきて、「この機能はないの?」

とか、

「えっー!」というのが、いろいろ出てきます。

「その仕様変更を1週間以内にやってほしい!」

とか、厳しい納期を指定してきます。

あるいは、「1ヶ月後なら空くので、そのタイミングでデバッグして欲しい」

と間が空いて、忘れてしまいます。

プログラムの生産性が下がります。

仕様すり合わせ時に、

関係者にできるだけ出席していただいて

「他のケースは考えられますか?」

「他にやりたい動作はありませんか?」

とか、少し余裕を持って、打ち合わせをすれば、良くなりますかね?

(まじめなデザインレビューをしない会社がほとんどです)

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)   

|

« 土曜日ですが納品に行きました | トップページ | お客様の納品が遅れ遅れになってお客様のお客様が土日無しのペースです »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜日ですが納品に行きました | トップページ | お客様の納品が遅れ遅れになってお客様のお客様が土日無しのペースです »