« リアルタイムWindows動作確認用パソコンが来ました | トップページ | 馬見塚公園の桜と中央アルプスです。 »

2011年4月16日

軌跡制御とDOUTの連動制御の改善しています

軌跡制御とDOUTの連動制御の改善しています。

プライムモーション社のスタンドアローンコントローラ「InterMotion」

Amxrp8_2 

のパルス列位置指令インターフェイスで

軌跡制御とDOUTの連動制御の実験をしました。

これは、正方形の軌跡。

50mm/sで動いています。

クリックで拡大。

縦軸が速度。横軸は時間。一目盛りは0.1秒。

青の線が、A相B相のフィードパックカウンタから計算した実速度。

Seihokei

これは、八角形の軌跡。

こちらも、50mm/s。

クリックで拡大。

8kakukei

八角形なので、45°の斜めの直線がある。

つまり、X軸とY軸が同時に動く部分がある。

先日の記事より、きれいな動きになりました。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a113.html

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸+IO スタンドアロン マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

MOSBench EY (Windows リアルタイムIO制御環境 入門用)

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

|

« リアルタイムWindows動作確認用パソコンが来ました | トップページ | 馬見塚公園の桜と中央アルプスです。 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リアルタイムWindows動作確認用パソコンが来ました | トップページ | 馬見塚公園の桜と中央アルプスです。 »