« 定周期割込み処理でなくてもSleep命令でディジタルフィルタ作れます | トップページ | 4月から新年度の開発テーマがはじまる »

2011年4月 1日

リアルタイム制御をすると製造品質が安定する

リアルタイム制御をすると製造品質が安定する。

とある自動化装置メーカのお客様にお聞きしたところ、

Windows制御をWindowsリアルタイム制御を変更すると

吸着タイミング、押し付け時間、接着剤吐出時間、等々

きちんと管理できて、製造品質が安定するので、メリットがあるそうです。

また、

外部のマイコン制御機器が一部不要になるので

コストダウンにもなるとのことです。

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸+IO スタンドアロン マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

MOSBench EY (Windows リアルタイムIO制御環境 入門用)

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

|

« 定周期割込み処理でなくてもSleep命令でディジタルフィルタ作れます | トップページ | 4月から新年度の開発テーマがはじまる »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定周期割込み処理でなくてもSleep命令でディジタルフィルタ作れます | トップページ | 4月から新年度の開発テーマがはじまる »