« 心配なルネサス那珂工場の生産再開の記事がでていました | トップページ | 1m/sでPTP移動しながら、再現性良く所定位置でDOUTをオンする »

2011年4月29日

PTP移動しながら進捗度に応じてDOUTをオンオフする制御

PTP移動しながら進捗度に応じてDOUTをオンオフする制御。

プライムモーション社のみんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBench」でPTP移動しながらDOUTをオンオフしてみた。

Dout_test_analyzer

クリックで拡大。

移動の途中、定速時でのみオンする。

スプレー用途。

設定;

1m/sで1mを往復。

加速時間は0.5秒、減速時間も0.5秒。

モータ1回転で20mm直線移動。

2048パルスでモータシャフトは1回転。

パルス出力周波数は、102400pps。

250mmでオン、750mmでオフ。

制御のプログラムは、

Dout_source

クリックで拡大。

RobSetMoveProgressDoという、移動進捗度に応じて、指定ポートをオン、オフできる関数を使用している。

ソースコード;

「Prog_Dout.mos.c」をダウンロード

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置、電子部品装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸+IO スタンドアロン マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

MOSBench EY (Windows リアルタイムIO制御環境 入門用)

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

|

« 心配なルネサス那珂工場の生産再開の記事がでていました | トップページ | 1m/sでPTP移動しながら、再現性良く所定位置でDOUTをオンする »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心配なルネサス那珂工場の生産再開の記事がでていました | トップページ | 1m/sでPTP移動しながら、再現性良く所定位置でDOUTをオンする »