« 首にタオルを巻いて来てください | トップページ | 今日はモータ動作波形解析ツールMOTIWAREAnalyzerに活躍してもらいました »

2011年7月 7日

Windowsパソコンを一品一様の機械装置用多機能ロボットコントローラとして使いたいなら「MOSBench」

Windowsパソコンを一品一様の機械装置用多機能ロボットコントローラとして使いたいなら「MOSBench」。

Windowsをリアルタイム拡張するソフトウェアとして、RTXとかINtimeとかいくつかあるけれど、

これを一品一様の機械装置に応用するとなると、

いろいろな立場のいろいろなスキルの人が、複数人で、触ることになります。

その場合、以下のようなハードルが発生します。

・SDK価格(5本とか、10本とか)

・マニュアル(リアルタイムOS用語)の難しさ

・いろいろな立場のみんなが使えるようにモーションコントローラ、そのパラメータ設定や手動運転や動作波形解析ツール、これらのマニュアル整備の膨大な作業

・DIO、AD、DA、232、省配線の各デバイスへの拡張性確保

Windowsパソコンを一品一様の機械装置用高性能コントローラとして使いたいなら、

フェラーリみたいなコントローラを簡単に使いたいなら、

Windowsリアルタイム化している「MOSBench」を本当に心から薦めます。

余計な学習無しで、Windows高性能コントローラの世界に入れます。

SDK使う方法もフェラーリだけど、自分で組立が必要です。自分で一から組み立てると、自分しかメンテできません。

簡単Windowsリアルタイム制御「MOSBench」の情報はこちら、

http://www.primemotion.com

Photo_2

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置、電子部品装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

パナソニック社RTEXサーボ と パルス列指令のサーボ と ステップ をモーション制御できる16軸+IO スタンドアロン マシンコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 首にタオルを巻いて来てください | トップページ | 今日はモータ動作波形解析ツールMOTIWAREAnalyzerに活躍してもらいました »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首にタオルを巻いて来てください | トップページ | 今日はモータ動作波形解析ツールMOTIWAREAnalyzerに活躍してもらいました »