« 新しいテーマの話は、エンジニアの栄養剤ですね。 | トップページ | ミスミのパソコンBBC-8000A-C3D-XPのWindowsリアルタイム性評価を始めました »

2011年9月16日

ミスミのパソコンBBC-SL8000P4-XPのWindowsリアルタイム性を評価しました

ミスミのパソコンBBC-SL8000P4-XPのWindowsリアルタイム性を評価しました。

9月にミスミから新カタログが出て、新シリーズのBBC-8000Aが掲載となり、

このBBC-SL8000P4-XP(ペンティアムP4-2.8GHz、PCI-3スロット)のコストパフォーマンスがさがってしまった。

しかし、なんと、8月31日にこのPCの貸出申し込みをしてしまったので、Windowsリアルタイム性を評価した。

Dscf4343

Dscf4344

結論から言うと、Windowsリアルタイム性は、問題ありません。

写真の右から

8軸モーションカード 1枚

16bit-16chのADカード 1枚

16IN16OUTのDIOカード 1枚

入れています。

Device

デバイスはすべて有効にしています。

モーションカード(Rtx Device)は、IRQ22番を独占しています。

Irq_2

プライムモーション社の手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBench(モスベンチ)」を使って、

リアルタイムの4軸のモーション、16chの1ms周期ADサンプリングを行いました。

_4ax_16ad_1616io_110916

(クリックで拡大)

1ms割り込み周期が982.2usから1016.9us。

約18usのジッタ。

1ms割り込み処理時間が179.6us平均に対して、最大236.7us。

+57.1usのジッタ。

Manager_110916

すばらしく良いと言う訳ではないけれど、問題ないというレベル。

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置、電子部品装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱、オムロン、キーエンスPLCにつながる RTEXとパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 新しいテーマの話は、エンジニアの栄養剤ですね。 | トップページ | ミスミのパソコンBBC-8000A-C3D-XPのWindowsリアルタイム性評価を始めました »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しいテーマの話は、エンジニアの栄養剤ですね。 | トップページ | ミスミのパソコンBBC-8000A-C3D-XPのWindowsリアルタイム性評価を始めました »