« 手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBenchEY」でインターフェイス社のPCIカードに対応して欲しい | トップページ | NHKラジオ入門ビジネス英語10月号「紹介・業務連絡のメール」 »

2011年9月30日

Coer2Quad2.66GHzにしたら装置タクトが5%アップしました

Coer2Quad2.66GHzにしたら装置タクトが5%アップしました、

と手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBench」

のお客様から聞きました。

現状がCore2Duoはわかっているのだけれど、

何GHzか聞き忘れてしまった。

ところで、

ちょっとお得なお知らせ; 

== 高速ハンドラ + 画像検査の装置開発の方へ ==

LSI、小型電子部品メーカで、

高スループットの移載、検査装置を検討中の制御エンジニアの方へ、

WindowsリアルタイムIO制御環境のプレゼントをしています。

約100万円の初期コストが1/10の99,800円(税抜)になります。

1名限定。

2011年10月15日締め切り。

詳細は、以下で、

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-31fd.html

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置、電子部品装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱、オムロン、キーエンスPLCにつながる RTEXとパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBenchEY」でインターフェイス社のPCIカードに対応して欲しい | トップページ | NHKラジオ入門ビジネス英語10月号「紹介・業務連絡のメール」 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBenchEY」でインターフェイス社のPCIカードに対応して欲しい | トップページ | NHKラジオ入門ビジネス英語10月号「紹介・業務連絡のメール」 »