« ブログ20万アクセス記念「MOSBench」プレゼントにたくさんの応募ありがとう | トップページ | 商品説明会でモーションコントローラ「InterMotion」のプレゼンをしました。 »

2011年10月17日

パナソニック社RealtimeExpressサーボアンプA4N用IOコネクタテストジグ

パナソニック社RealtimeExpressサーボアンプA4N用IOコネクタテストジグ。

_system_block

A4NサーボアンプのIOコネクタの汎用IN、汎用OUTをRealtimeExpress用16軸モーションコントローラ「InterMotion」から制御できるように、検討している。

IOコネクタ上に汎用INが最大8点、汎用OUTが2点、取れるので、16個のモータを使えば、なんと128点IN/32点OUT。

汎用IN8点の中から、CWL、CCWL、HOME信号を使うと、軸あたり5点INになるけれど、それでも80点IN。

高速のリモートIOとして、結構な点数を確保できる。

さて、そのソフトを開発するにあたり、テストベンチが必要。

と言っても、スイッチとLED。

A4n

全体は、

A4n_2

A4Nは36芯コネクタ。これが次の世代のA5Nでは26芯コネクタ。

回路図は、

「a4nio_111017.pdf」をダウンロード

手書きのメモだけど。

RealtimeExpress用16軸モーションコントローラ「InterMotion」について、詳細はこちら、

http://www.intermotion.jp

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

半導体装置、電子部品装置向け リアルタイムWindows 40軸超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱、オムロン、キーエンスPLCにつながる RTEXとパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« ブログ20万アクセス記念「MOSBench」プレゼントにたくさんの応募ありがとう | トップページ | 商品説明会でモーションコントローラ「InterMotion」のプレゼンをしました。 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ20万アクセス記念「MOSBench」プレゼントにたくさんの応募ありがとう | トップページ | 商品説明会でモーションコントローラ「InterMotion」のプレゼンをしました。 »