« DOGセンサ(ORGあるいはHOMEセンサ)とZ相の距離を自動的に計測する原点復帰操作「基準原点復帰」 | トップページ | 大手と勝負していたのですね。 »

2011年12月13日

ノイズが多いので60Hz除去フィルタを入れたけれどあまり改善しなかった

ノイズが多いので60Hz除去用のフィルタを入れたけれどあまり改善しなかった。

1msサンプリングデータにノイズが多いので、60Hzの電源ノイズだと勝手に判断して、60Hz除去用のフィルタを入れた。

しかし、芳しくない。

もしかしてと考えて、元データをグラフ化したら、このとおり。

Ssi

約6ms毎にデータを取得して、積分しているようだ。

上の波形を見ると、12回のデータを足して、平均を取れば、直流分がゼロになりそうだと思える。

エクセル上でその処理をしてみた。

Ssi_12

プラスマイナスに交互に振れるときは、ゼロ近辺になる。

しかし、片方の符号のデータが連続して、値が大きくなる時もある。

このデータは、もともと、ノイズが大きいようだ。

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« DOGセンサ(ORGあるいはHOMEセンサ)とZ相の距離を自動的に計測する原点復帰操作「基準原点復帰」 | トップページ | 大手と勝負していたのですね。 »

技術フィルタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DOGセンサ(ORGあるいはHOMEセンサ)とZ相の距離を自動的に計測する原点復帰操作「基準原点復帰」 | トップページ | 大手と勝負していたのですね。 »