« パソコン筺体とモータフランジを接続するとACサーボのスイッチングノイズ対策になる | トップページ | PWMノイズ怪獣退治に意気込んで行ったがあえなく退散! »

2012年4月 3日

ステッピングモータ特性をポテンショメータで測定ロギング

ステッピングモータ特性をポテンショメータで測定ロギング。

2軸のステッピングモータを動かしながら、

その動作をポテンショメータの電圧値として、ロギングする。

Image001_2_2

まず、Windowsパソコンを準備する。

Sl8000_358x269

これは、ミスミ社「BBC-SL8000-XP」。

次に、プライムモーション社の「MOSBench(モスベンチ)」をインストールして、

リアルタイム化する。

モーションカード:プライムモーション社JOY-RT8CR

16bitのADカード:コンテック社AD16-16U(PCI)EV

16IN/16OUTのDIOカード:コンテック社PIO-16/16L(PCI)H

を差す。

Pc

これで、

最大8軸の

パルス列位置指令カウンタと

ポテンショメータのアナログ電圧を

1ms周期ロギングできる。

ADカードの前段にバッファアンプ

コンテック社ATBA-16E

を入れてください。

Atba16e_2 

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« パソコン筺体とモータフランジを接続するとACサーボのスイッチングノイズ対策になる | トップページ | PWMノイズ怪獣退治に意気込んで行ったがあえなく退散! »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パソコン筺体とモータフランジを接続するとACサーボのスイッチングノイズ対策になる | トップページ | PWMノイズ怪獣退治に意気込んで行ったがあえなく退散! »