« ICメーカのテキサスインスツルメンツのネクタイ | トップページ | パナソニック社RealtimeExprss通信でZ相がないモータドライバの原点復帰動作確認 »

2012年5月11日

XYステージのある部分に制限範囲を設けてトラックボールで移動する

XYステージのある部分に制限範囲を設けてトラックボールで移動する。

プライムモーション社のモーションコントローラ「InterMotion」

Amxr_p8____h220

には、68芯のコネクタが2個付いていて、

A相B相信号入力が8セット可能。

そのうちの2セットに、トラックボールのA相、B相を接続する。

Photo

そして、

モーションコントローラの内部でその各入力に倍率をかけて、

2軸のサーボドライバあるいはステップドライバに位置指令出力ができる。

位置指令出力は、パルス列、または、パナソニック社の高速通信「RTEX」を選択できる。

しかも、

トラックボールを使った移動に、移動制限をかけることができる。

AB相に連動した移動の移動範囲上限、移動範囲下限

を1個の命令で設定できる。

その命令は、

RobSetCarteJogMoveLimit (1, 移動範囲下限、移動範囲上限);

命令の詳細は、

「_mos_language_reference_20110613_robsetcartejogmovelimit.pdf」をダウンロード

簡単。

視野が狭いカメラで見るときは便利。

遠くに行ってしまって、どこを見ているのかわからない

ということがなくなる。

■Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« ICメーカのテキサスインスツルメンツのネクタイ | トップページ | パナソニック社RealtimeExprss通信でZ相がないモータドライバの原点復帰動作確認 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ICメーカのテキサスインスツルメンツのネクタイ | トップページ | パナソニック社RealtimeExprss通信でZ相がないモータドライバの原点復帰動作確認 »