« Windows7をRTX2011SP1でリアルタイム化してコンテック社PCIExpressのIOカードのDINアクセス | トップページ | パソコンから三菱PLCから移動命令できるモーションコントローラ »

2012年6月17日

Windows7をRTX2011SP1でリアルタイム化してコンテック社PCIExpressのIOカードのDOUTアクセス

Windows7をRTX2011SP1でリアルタイム化してコンテック社PCIExpressのIOカードのDOUTアクセス

時間を評価してみました。

昨日の記事

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/windows7rtx2011.html

の続き。

昨日は「DIN」ポート「リード」。

今日は父の日で、

「DOUT」ポート「ライト」の実験してます。

Dio1616tpe_2

このPCIExpressカード:DIO-16161T-PEと

Pio1616tpcih_2

このPCIカード:PIO-16/16T(PCI)Hの

DOUTポートライト時間を比較してみました。

IntervalZero社のRTX2011SP1-SDKでビルドして、評価しました。

Dout

PCIExpresカードのDOUTポートライト時間:1.9[us]

PCIカードのDOUTポートライト時間:1.5[us]

やはり、ライト時間もPCIカードが速い。

PCIExpresカード搭載のテキサスインスツルメンツ社PCIExpress-PCIブリッジIC、「XIO2000A」がボトルネックになっているのか?

2台のパソコンで評価したが、傾向は同じ。

250回ライトの平均値。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« Windows7をRTX2011SP1でリアルタイム化してコンテック社PCIExpressのIOカードのDINアクセス | トップページ | パソコンから三菱PLCから移動命令できるモーションコントローラ »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows7をRTX2011SP1でリアルタイム化してコンテック社PCIExpressのIOカードのDINアクセス | トップページ | パソコンから三菱PLCから移動命令できるモーションコントローラ »