« 納期前倒し要請で500台分の部品を2重発注 | トップページ | モータ相電流波形にひげ »

2012年9月 6日

開発すれば問題はでてきます

開発すれば問題はでてきます。

例によって、いろいろトラぶってます。

トラブルがいやなら、変えないこと、新しいことをしないこと。

日々、新しいことをやっている「モーションおやじ」の

今日のトラブル

・新設計したSMD改造基板で部品実装図を間違えていたので、誤搭載で動かなかった

・協力会社に依頼したQFP実装手付け基板の36ピンが半田付け不良で、動かなかった

・協力会社に依頼した派生実装基板で、20kΩ指定のところに他の抵抗器が実装されていて、アナログ動作波形がおかしかった

検査は、パートの方に依頼しているのだが、何度も、呼ばれてしまう。

いずれも、明日出荷予定なので、

即、原因追究解決しなくてはいけないプレッシャで、

原因推定ループを短時間に

ぐるぐるぐるぐる超高速回転して、お疲れです。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 納期前倒し要請で500台分の部品を2重発注 | トップページ | モータ相電流波形にひげ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納期前倒し要請で500台分の部品を2重発注 | トップページ | モータ相電流波形にひげ »