« 8スレッドのCPUを評価しています | トップページ | ポカミスでパターンカットとジャンパ線を出してしまいました。 »

2012年10月29日

まずは電源電流値と水晶発振器の出力をみます

まずは電源電流値と水晶発振器の出力をみます。

10年前に出荷した回路が修理依頼で戻ってきた。

不具合内容は、「出力が出ない」。

なぜ、「出力が出な」くなったのか?情報は聞こえてこない。

さっそく、電源を接続して、電流値をみる。

大きい。

次に水晶発振器の出力をみる。

止まっている?

何をして、こうなった?

水晶発振器を交換。少し回路が動き始めた。

オシロスコープとにらめっこしながら、回路を追っていく。

手間のかかる仕事だけれど、長~い付き合いのお客さんのためだ。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 8スレッドのCPUを評価しています | トップページ | ポカミスでパターンカットとジャンパ線を出してしまいました。 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8スレッドのCPUを評価しています | トップページ | ポカミスでパターンカットとジャンパ線を出してしまいました。 »