« ポテンショメータとADコンバータを使った簡易アブソリュート位置決めシステム | トップページ | USBからSCI(UART)の3.3V用LV-TTLに変換するケーブル »

2013年3月28日

ステッピングモータで6000rpmまで回す

ステッピングモータで6000rpmまで回す

オリエンタルモータの5相ステッピングモータユニット

RKⅡシリーズで最高回転数が6000rpm

の機種があります。

技術は進みますね。

安く高回転を得たいので、これを選択するとのこと。

出力信号の飽和電圧が最大3Vあるので、5V系入力ポートに直接接続できないのが残念。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

簡単 お手軽 低コスト Windows リアルタイムIO制御環境 【MOSBench EY(モスベンチ いいわい)】

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« ポテンショメータとADコンバータを使った簡易アブソリュート位置決めシステム | トップページ | USBからSCI(UART)の3.3V用LV-TTLに変換するケーブル »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポテンショメータとADコンバータを使った簡易アブソリュート位置決めシステム | トップページ | USBからSCI(UART)の3.3V用LV-TTLに変換するケーブル »