« 円安のため部品の価格を値上げします。 | トップページ | ステッピングモータで6000rpmまで回す »

2013年3月27日

ポテンショメータとADコンバータを使った簡易アブソリュート位置決めシステム

ポテンショメータとADコンバータを使った簡易アブソリュート位置決めシステム

Abs

高精度アブソリュートエンコーダとバックアップ電池を使う必要はない。

分解能は、1/4096程度で十分。

粗い精度でいいけれど、電源投入したときに原点復帰しないで、位置決めを開始したい。

たまにこういうシステムに出くわします。

椅子の角度の位置決め、カメラの位置決め、等。

位置決めコントローラにADコンバータを付けます。

電源投入時に、ADコンバータの変換結果を得て、位置決め座標系をプリセットします。

Amxr_p8____h220

ポテンショメータは、通常、接触式なので、摩耗します。

移動頻度が高いシステムでは、無接触式のポテンショメータを使ってください。

ポテンショメータではなくて、

アバゴテクノロジーの磁気エンコーダIC

ICAEAT-6600-T16

を使う方法もあります。

ただし、20us周期のクロックを使用したシリアル信号出力なので、

ADコンバータは使用できません。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

簡単 お手軽 低コスト Windows リアルタイムIO制御環境 【MOSBench EY(モスベンチ いいわい)】

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 円安のため部品の価格を値上げします。 | トップページ | ステッピングモータで6000rpmまで回す »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 円安のため部品の価格を値上げします。 | トップページ | ステッピングモータで6000rpmまで回す »