« パルス列位置決め指令最高周波数が決まったら回転速度と精度(分解能)はトレードオフ | トップページ | お客様の実験室で立会い実験 »

2013年4月16日

パラレル位置決め信号の断線かと思ったら電源の容量不足

パラレル位置決め信号の断線かと思ったら電源の容量不足

今日は、3時間もきれいに、はまってしまった。

パラレル位置決め信号のハーネスに触ると

モータの位置決め動作がおかしい。

しかし、

パラレル信号をオシロスコープで観測すると正常。

再度、ハーネスに触ると、おかしくなる。

ハーネス単体の導通は全ピン正常。

ピンコンタクトの接触が不安定かと思って、

新しいケーブルを持ってきて

基板のコネクタの全ピンに直接半田付けしたみた。

それでも、おかしい。

ここで、やっと気がついた。

原因は、ハーネスではない!

電源を見ると、うっすらと「CC」。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

簡単 お手軽 低コスト Windows リアルタイムIO制御環境 【MOSBench EY(モスベンチ いいわい)】

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« パルス列位置決め指令最高周波数が決まったら回転速度と精度(分解能)はトレードオフ | トップページ | お客様の実験室で立会い実験 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パルス列位置決め指令最高周波数が決まったら回転速度と精度(分解能)はトレードオフ | トップページ | お客様の実験室で立会い実験 »