« 長く使われるソフトウェアは優良資産 | トップページ | テキサスインスツルメンツ社低電圧標準ロジックLVシリーズのダンピング抵抗値と信号波形 »

2013年4月27日

ワークが1台ごとに変わるので段取替え時間(レシピデータ転送時間)を短くしたい

ワークが1台ごとに変わるので段取替え時間(レシピデータ転送時間)を短くしたい。

これから作る装置は

実装プリント基板が1枚ごと、機種が変わって

組み立てた電子機器が1台ごと、機種が変わって

流れてくることを前提にしている。

新開発のシステムでは

段取替え時間(レシピデータ転送時間)をどれだけ短くできるか

大きな課題になっています。

とお客様から聞きました。

Windowsリアルタイム化して機械制御できる

「MOSBench」を使うと

パソコンの中に

ソフトウェア高性能マシンコントローラが入るので

レシピ選択画面のWindowsアプリと、機械制御コントローラ間の

通信がなくなるので、

一挙の解決できますよ。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

簡単 お手軽 低コスト Windows リアルタイムIO制御環境 【MOSBench EY(モスベンチ いいわい)】

MOSBench EY(リアルタイムWindows入門)

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 長く使われるソフトウェアは優良資産 | トップページ | テキサスインスツルメンツ社低電圧標準ロジックLVシリーズのダンピング抵抗値と信号波形 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長く使われるソフトウェアは優良資産 | トップページ | テキサスインスツルメンツ社低電圧標準ロジックLVシリーズのダンピング抵抗値と信号波形 »