« 飯島町コスモス祭り | トップページ | 1000ページを超えるマイコンのpdfハードウェアマニュアルを読んで »

2013年10月14日

Windows7をリアルタイム化して40軸モータと128IN128OUTのIO制御

Windows7をリアルタイム化して40軸モータと128IN128OUTのIO制御

の処理時間測定しています。

CPUはCore-i7。

40128in128out

モーションカード5枚、

128点INカード1枚、

128点OUTカード1枚、

をバックプレーンに差しています。

1ms毎40軸のモータ位置指令(軌跡指令)を計算して

最大594us以下で処理が終わっています。

平均223usなので、1つのCPUコアの22%(1/4)の能力で計算完了しています。

Rt40rrt8s5pg40131014

Windowsの特長を生かして

モータ動作波形の表示や現在位置の表示も同じパソコンで行っています。

Rt40prrt8s5pg40131014

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつなが る 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 飯島町コスモス祭り | トップページ | 1000ページを超えるマイコンのpdfハードウェアマニュアルを読んで »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯島町コスモス祭り | トップページ | 1000ページを超えるマイコンのpdfハードウェアマニュアルを読んで »