« Windows7リアルタイム制御用32bitミニタワーパソコンPM00166H_HDD_73PJ | トップページ | 中央アルプスに雪 »

2013年11月11日

ロータリエンコーダ4てい倍信号同期でセンサ信号のADデータロギング:RT8DS-V3

ロータリエンコーダ4てい倍信号同期でセンサ信号のADデータロギング

したい。

モータを動かしながら、

そのエンコーダ信号、あるいはリニアスケール信号

に同期して、センサ信号ADデータをロギングしたい。

Four_multiplied_signal

図のように、A相、B相の変化のタイミングで、

センサのアナログ信号をサンプリングしたい。

A相、B相の変化が1ミクロンであれば、

1ミクロン毎にセンサーデータが取得できる。

位置の分解能が細かいので、

なるべく速く動かして、短時間に測定したい。

■解決策

Four_multiplied_system

コンテック社のADカード、AD16-16U(PCI)EVは、

16bitAD搭載、

最大1MHz(最小周期1μs)で

アナログ信号をサンプリング可能。

しかも、外部サンプリングクロックを選択可能。

この、外部サンプリングクロックに、

エンコーダの4てい倍信号を接続すると

エンコーダ同期で、高速、高分解能にセンサデータをサンプリングできる。

プライムモーション社のモーションカード

「JOY-RT8DS-V3」は、エンコーダ4てい倍のLV-TTL出力

をボード上の内部コネクタから出力可能。

モータを動かすパルス列指令出力もある。

Rt8dr_naname

(JOY-RT8DS-V3カード)

このモーションカードと

コンテック社ADカード、AD16-16U(PCI)EV

で簡単に実現できる。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

リアルタイムWindows 超簡単、超高速コントローラ

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

三菱PLC、オムロンPLC、キーエンスPLC、WindowsPCにLANでつながる 省配線サーボ「Realtime Express(RTEX)」とパルス列の16軸モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« Windows7リアルタイム制御用32bitミニタワーパソコンPM00166H_HDD_73PJ | トップページ | 中央アルプスに雪 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows7リアルタイム制御用32bitミニタワーパソコンPM00166H_HDD_73PJ | トップページ | 中央アルプスに雪 »