« V相の上側FETのゲート駆動信号の振幅が小さい | トップページ | 今年初めての雪かき »

2013年12月18日

レゾルバ信号CosθSinωtとSinθSinωtをθ=0で使う

Sinωt信号CosθSinωtとSinθSinωtをθ=0で使う

Photo

これは、回転しているレゾルバの信号。

一番上の信号がCosθ*Sinωt、

その次がSinθ*Sinωt、

その下がRDコンバータ(レゾルバ・デジタルコンバータ)をDA出力した波形。

横軸の真中がθ=0度。

上段3つの波形を拡大して、下段3つに表示している。

例えば、θにδ(デルタ)を代入して、δ=0の近傍を考えると、

Cosδ*Sinωtは、Sinωtになり

Sinδ*Sinωtは、δ*Sinωtに近似できる。

δは、RDコンバータ出力で得られる。

つまり、

振幅δの正弦波があれば、その振幅をRDコンバータ出力で得られる。

負の値も得られる。

「これは、おもしろい!」

と思ってもらえる?

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

カスタムのブラシレスモータドライバ開発 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« V相の上側FETのゲート駆動信号の振幅が小さい | トップページ | 今年初めての雪かき »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« V相の上側FETのゲート駆動信号の振幅が小さい | トップページ | 今年初めての雪かき »