« アナログ回路の抵抗値とコンデンサ容量調整 | トップページ | ゲートドライバLSIが壊れてしまった »

2013年12月15日

久々に3相PWMインバータのFETを壊してしまいました

久々に3相PWMインバータのFETを壊してしまいました

新しい設計のPWMインバータの印加電圧を徐々に上げていったら

途中で、電源がCCモード(定電流モード)になってしまいました。

あっ、やってしまった。

まだ、電圧は低いし、電流は少ないし、

熱で破壊されたかな?

アルミの放熱版は付けてあるのに。

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

カスタムのブラシレスモータドライバ開発 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« アナログ回路の抵抗値とコンデンサ容量調整 | トップページ | ゲートドライバLSIが壊れてしまった »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アナログ回路の抵抗値とコンデンサ容量調整 | トップページ | ゲートドライバLSIが壊れてしまった »