« AVAGOのAEAT-6600を使った簡易アブソリュートエンコーダのSSI信号 | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御のCAN通信用API仕様 »

2014年1月26日

CANコントローラLSIのフィリップス社SJA1000のデータシート

CANコントローラLSIのフィリップス社SJA1000のデータシート

とWindows版のドライバ関数をみて

WindowsリアルタイムIO制御のMOSBench関数仕様を考えています。

リアルタイム送信可能なので、送信バッファは無し。

なるべく簡単にWindowsリアルタイム環境で

CAN送信CAN受信していただけるように頭をひねっています。

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« AVAGOのAEAT-6600を使った簡易アブソリュートエンコーダのSSI信号 | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御のCAN通信用API仕様 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AVAGOのAEAT-6600を使った簡易アブソリュートエンコーダのSSI信号 | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御のCAN通信用API仕様 »