« WindowsでCAN通信を一定周期でやりたい | トップページ | コンテック社16ch16bitDAのPCI-ExpressカードAO-1616L-LPEのWindowsリアルタイム対応 »

2014年1月11日

ブラシレスモータ誘起電圧とポールセンサとエンコーダA相B相の位相合わせ

ブラシレスモータ誘起電圧とポールセンサとエンコーダA相B相の位相合わせ

ブラシレスモータを回すためには

以下の信号の位相を合わせる必要がある。

・誘起電圧(モータのシャフトを外力によって回した時、発電する電圧)

・ポールセンサ(モータ回転部の磁石:ポールを検出する信号)

・ロータリーエンコーダの信号(位置、速度を検出するための信号)

まず、

モータ誘起電圧Va,Vb,Vcの位相とポールセンサHAの位相関係

_0600

次に

モータ誘起電圧VaとポールセンサHA,HB,HCの位相関係

_0599

次に

ポールセンサHA,HBとロータリーエンコーダのA相、B相信号

Ab_0601

■リンク: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

カスタムのブラシレスモータドライバ開発 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« WindowsでCAN通信を一定周期でやりたい | トップページ | コンテック社16ch16bitDAのPCI-ExpressカードAO-1616L-LPEのWindowsリアルタイム対応 »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WindowsでCAN通信を一定周期でやりたい | トップページ | コンテック社16ch16bitDAのPCI-ExpressカードAO-1616L-LPEのWindowsリアルタイム対応 »