« Windows7リアルタイムで100μsのSleep時間管理実験 | トップページ | フィードバックセンサと信号処理回路の応答周波数 »

2014年2月 2日

CAN通信LSIのSJA1000で強制的にバスオフ状態に推移させる方法

CAN通信LSIのSJA1000で強制的にバスオフ状態に遷移させる方法

この方法を見つけるのに時間がかかりました。

いろいろなテーマの間に、データシートを拾い読みしているので。

そもそも状態遷移図が無い。

全体の中に1行のみの記述。

答えは、

送信エラーカウンタに255をライトする。

これで、なんとか

CAN-LSIをWindow7でリアルタイムIO制御できるようになります。

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« Windows7リアルタイムで100μsのSleep時間管理実験 | トップページ | フィードバックセンサと信号処理回路の応答周波数 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows7リアルタイムで100μsのSleep時間管理実験 | トップページ | フィードバックセンサと信号処理回路の応答周波数 »