« WindowsリアルタイムIO制御環境の1ms割込み周期ジッタ評価 | トップページ | CAN通信LSIのSJA1000で強制的にバスオフ状態に推移させる方法 »

2014年2月 1日

Windows7リアルタイムで100μsのSleep時間管理実験

Windows7リアルタイムで100μsのSleep時間管理実験

Windows7 Professional 32bitに

プライムモーション社の手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOSBench-EY」を

インストールして、以下のプログラムを実行した。

Ey_sleep_01_140201_2 

(クリックで拡大)

標準出力画面に100μs制御の計測時間が表示される。

Ey_sleep_out_01_140201

左の数字が測定回数。右の数字が測定データ。

100ns単位なので、1000が100μsを示す。

半分くらいは、1000(100μs)になっている。

グラフにする。

Sleep1us

1000(100μs)を中心にして、700(70μs)と1300(130μs)にばらついている。

「MOSBench-EY」本体システムで、少し管理の時間をいただいているので、30usのばらつきがありますが、いかがでしょう?

Windows7のパソコンで、この時間管理ができます。

ソースコードは、こちら、

「time_10000_01.mos.c」をダウンロード

なお、HAL timer period(microseconds):

設定を100にしておいてください。

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« WindowsリアルタイムIO制御環境の1ms割込み周期ジッタ評価 | トップページ | CAN通信LSIのSJA1000で強制的にバスオフ状態に推移させる方法 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WindowsリアルタイムIO制御環境の1ms割込み周期ジッタ評価 | トップページ | CAN通信LSIのSJA1000で強制的にバスオフ状態に推移させる方法 »