« 25個のサーボモータを使う機械装置を作る | トップページ | RS485のPCIカードをリアルタイムWindowsのIO制御で動作させたい »

2014年3月13日

オリエンタルモータのLSDシリーズドライバで位置偏差が発生する

オリエンタルモータのLSDシリーズドライバで位置偏差が発生する

パルス列位置決め入力と

A,B相エンコーダ信号出力が

ついているので、

常に、位置偏差がゼロになるように制御されている

と考えてしまうけれど、そうではない。

お客様から、「位置ずれする」と、ご指摘があって、

調べてみました。

LSDシリーズドライバのマニュアルは

AR シリーズドライバのマニュアルと兼用になっているので

AR シリーズドライバのマニュアルを見て、わかりました。

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 25個のサーボモータを使う機械装置を作る | トップページ | RS485のPCIカードをリアルタイムWindowsのIO制御で動作させたい »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 25個のサーボモータを使う機械装置を作る | トップページ | RS485のPCIカードをリアルタイムWindowsのIO制御で動作させたい »