« カスタムPCIモーションカードの64bitデバイスドライバとDLL | トップページ | モータとアンプのメーカを代えたい »

2014年3月 3日

アナログICの応用回路例から少し変えて使うと

アナログICの応用回路例から少し変えて使うと

ロットによって壊れてしまう。

とても難しい問題。

アナログICのデータシートに載っている応用回路どおりに使うと壊れない。

それを少し変えると(15kΩを付けると)壊れてしまう。

しかし、前のロットでは壊れなかった。

何を変えれば、安定して、動くのだろう?

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« カスタムPCIモーションカードの64bitデバイスドライバとDLL | トップページ | モータとアンプのメーカを代えたい »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カスタムPCIモーションカードの64bitデバイスドライバとDLL | トップページ | モータとアンプのメーカを代えたい »