« 多重帰還型バンドパスフィルタを設計 | トップページ | 24Vくれてなかった »

2014年3月27日

研究開発装置として最高の仕上がりです

研究開発装置として最高です

12月までに、

WindowsリアルタイムIO制御の26軸の新しい研究開発装置を立ちあげて

この3月末までに、

それで、製作した新しいデバイスを評価して、報告書に仕上げる

という日程を

お客様から聞いていたので、

ひさびさに電話した。

「新しい発見があって、報告書にまとめたら、

社内や、グループ会社から、何回も見学に来て、

その対応でたいへん。」

「研究開発装置として最高の仕上がりです。」

喜んでもらえて、よかったです。

量産装置にも使ってね。

■リンク: 「モーションおやじ」のモータ制御の精緻をみんなに  

超簡単WindowsリアルタイムIO制御 プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

WindowsパソコンにLANでつながるPLC機能付き モーションコントローラ

RTEXとパルス列16軸 スタンドアロン マシンコントローラ

|

« 多重帰還型バンドパスフィルタを設計 | トップページ | 24Vくれてなかった »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多重帰還型バンドパスフィルタを設計 | トップページ | 24Vくれてなかった »