« 納品して実験ブースを2つ回って | トップページ | 1.5GHz動作のARMコアが10個以上載っているASIC »

2014年6月19日

モータとサーボアンプを替えたらタクトタイムが長くなった

モータとサーボアンプを替えたらタクトタイムが長くなった

ので、モータ動作波形をロギングツールの

MotiwareAnalyzer(モウティウェア・アナライザ)でロギングした。

データ解析してほしい

とメールが入った。

エクセルでグラフ波形にすると

加速、減速の時間が長くなっている。

確かにタクトタイムは長くなる。

どうして、長くなってしまったのか、、、

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 納品して実験ブースを2つ回って | トップページ | 1.5GHz動作のARMコアが10個以上載っているASIC »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納品して実験ブースを2つ回って | トップページ | 1.5GHz動作のARMコアが10個以上載っているASIC »