« 電子ギヤとエンコーダ出力パルス | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御用パソコン »

2014年6月13日

移動機器の定数と移動量のユーザ単位からScaleパラメータを計算するエクセル

移動機器の定数と移動量のユーザ単位からScaleパラメータを計算するエクセル

簡単に作りました。

使ってみてください。

「scale140613_2.xlsx」をダウンロード

まず、メカ構造を選びます。

・回転モータ+ボールねじ

・リニアモータ

・回転モータ+減速機

Mechastructure_3

メカの定数を入力します。

自分のプログラムで使いたい単位「ユーザ単位」を入力を入力します。

そうすると

Scaleパラメータの値を計算します。

■「ユーザ単位」は、以下のように決めます。

1と指定して、機械制御言語のMOSプログラムのPTP移動を実行すると

その「ユーザ単位」動きます。

ですので、自分が使いやすい単位

ミクロン

mm

Deg(度)

とか、が良いです。

小数点以下もMOSプログラムで使えるので、

1ミクロンのように小さく指定する必要はありません。

ユーザ単位を1000ミクロン=1mmと指定して、

ユーザ単位0.001[mm]指定、つまり1ミクロンの移動も可能です。

エクセルのメカバリエーションが足りない場合、

「モーションおやじ」に要望を出してください。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 電子ギヤとエンコーダ出力パルス | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御用パソコン »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子ギヤとエンコーダ出力パルス | トップページ | WindowsリアルタイムIO制御用パソコン »