« お客様のところにアイディアがある | トップページ | 諏訪精工舎の回路図定規 »

2014年7月30日

新しい次元の製品開発は時間がかかる

新しい次元の製品開発は時間がかかる

このくらいかかるだろうという日程が、どんどん後ろにずれます。

仕様をばっさり削って、基本機能だけで形にする

という判断もあります。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

 

|

« お客様のところにアイディアがある | トップページ | 諏訪精工舎の回路図定規 »

日記」カテゴリの記事

コメント

インクリメンタルに開発するというのはどこでも取り入れられていて重要なのは後からの拡張に耐えられる根幹を設計するという部分だと思います。仕様を削るという表現が「無くす」ではなく「後日の実装」という意味だと思っていますよ。

→残った新製品の基本機能が既存製品とどう違うのというツッコミを客から受けそうな気も・・・

投稿: | 2014年7月31日 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お客様のところにアイディアがある | トップページ | 諏訪精工舎の回路図定規 »