« 新しい次元の製品開発は時間がかかる | トップページ | 適度な完成度の仕様書で後工程に仕事を渡す »

2014年7月31日

諏訪精工舎の回路図定規

諏訪精工舎の回路図定規

Suwaseikoshatemplete

今はセイコーエプソン。

ゲートアレイという論理回路設計で

パソコンCADがない時代に、使いました。

AND、ORの回路記号には、二度とお目にかからないだろうな

と思っていたら、テーマが来てしまいました。

昔の回路を最新デバイスに置き換えたい、という話。

回路のコストが高くて、回路資源を節約する工夫をしていた時代の回路です。

いまは、設計コストが高くて、回路資源がめちゃくちゃ安い時代。

考え方がガラッと変わっています。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 新しい次元の製品開発は時間がかかる | トップページ | 適度な完成度の仕様書で後工程に仕事を渡す »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい次元の製品開発は時間がかかる | トップページ | 適度な完成度の仕様書で後工程に仕事を渡す »