« ミスミのパソコンBBC-8200-V7D-W7のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | 会社の玄関にホタル »

2014年7月13日

Windowsリアルタイムパソコンの1ms割り込み処理で8軸の位置指令を計算

Windowsリアルタイムパソコンの1ms割り込み処理で8軸の位置指令を計算

昨日の続き。

8200joumen


ミスミのパソコンBBC-8200-V7D-W7を

Windowsリアルタイム化して、

1ms周期の割り込み処理で、8軸の位置指令を計算させてみた。

Aging1407131544_manager

8軸分の位置を表示。

Aging1407131544_wave

3軸分の速度波形を表示。

Aging1407131544_ptp_2

MOS言語プログラムで、8軸に対して、PTP移動命令を繰り返し発行している。

Aging1407131544_time

1ms割り込み処理時間を26時間、合計9600万回、継続して測定すると

Min.353(35.3us)

Max.1025(102.5us)

10%しか、使用していない。

余裕だね。

Aging1407131544

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« ミスミのパソコンBBC-8200-V7D-W7のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | 会社の玄関にホタル »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミスミのパソコンBBC-8200-V7D-W7のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | 会社の玄関にホタル »