« 100マイクロファラッドのセラミックコンデンサ | トップページ | 10極のブラシレスモータを回す »

2014年8月 4日

損失電力を小さくできるレギュレータLTC3026

損失電力の小さくできるレギュレータLTC3026

ボード上に2.5V、1.5Vの

大きめの電源があって

1.2V、1Aの電源をちょこっと簡単に作りたいと思って

部品をさがしていた。

スイッチングレギュレータは大げさ。

リニアテクノロジーのLTC3026は、

1.5Aの出力電流で、0.1Vの損失電圧。

少ない損失電力で、1.5Vから1.2Vの1A電源が作れそう。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 100マイクロファラッドのセラミックコンデンサ | トップページ | 10極のブラシレスモータを回す »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントありあがとうございます。

ルネサスエレクトロニクスの「かんたん電源IC」を調べたら、4chの出力があるのですね。

よい情報をありがとうございます。

モーションおやじ。

投稿: モーションおやじ | 2014年8月 8日 20時49分

最近のマイコンやFPGAは複数電源が必要で、場合によっては立ち上げシーケンスに加えて立ち下げシーケンスが規定されていて電源のことを考えると頭が痛くなります。とあるLSIを使うためにルネサスエレクトロニクスの「かんたん電源IC」を利用することにしました。これはたち下げのための放電回路も内蔵されております。

投稿: | 2014年8月 8日 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100マイクロファラッドのセラミックコンデンサ | トップページ | 10極のブラシレスモータを回す »