« ±電源アナログ回路出力に+2.5Vオフセット電圧をつける | トップページ | 高速オペアンプは入力インピーダンスが低い »

2014年10月13日

ヤマハ単軸ロボットドライバRDXとRDPとモーションコントローラRT8DR接続回路図

ヤマハ単軸ロボットドライバRDXとRDPとモーションコントローラRT8DR接続回路図

を書きました。

「pi00786_ymh-rdx_141013.pdf」をダウンロード

1ページ目はモーションコントローラとの接続。

2ページ目はDIOカードとの接続。

3ページ目はパラメータ設定とプログラムの流れ。

まず、

ドライバのマニュアルをダウンロードして、

IOコネクタ信号の意味と動作を理解。

ドライバパラメータの意味を理解。

そして、WindowsリアルタイムIO制御の

モーションコントローラ「RT8DR」との接続回路図を作成。

ドライバ本体の原点復帰機能を使いたいと

お客様がおっしゃるので、

コンテック社のDIOカード「PIO-64/64L(PCI)H」を回路図に登録して、接続。

モーションコントローラ内のパラメータと

RDX,RDPドライバのパラメータと

制御プログラムの流れを説明。

メカの最高回転数、最高移動線速度、エンコーダ分周出力最高周波数仕様が分かっていないので、

すべてのパラメータを決められない。

まぁ、とりあえず、これで、

Windowsリアルタイム制御で

ヤマハ単軸ロボットドライバRDXとRDP

が動かせます。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« ±電源アナログ回路出力に+2.5Vオフセット電圧をつける | トップページ | 高速オペアンプは入力インピーダンスが低い »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ±電源アナログ回路出力に+2.5Vオフセット電圧をつける | トップページ | 高速オペアンプは入力インピーダンスが低い »