« 中川村のぎんなん | トップページ | ドイツ製のモータ制御IC »

2014年11月17日

6年前に出荷したWinodowリアルタイム制御の機械が転売されて

6年前に出荷したWinodowリアルタイム制御の機械が転売されて

しばらく、普通の倉庫に入っていたらしく

調子が悪いというので、

コントローラの新品交換。

パソコンは新品。

ソフトウェアは一世代前。

PCIカードは、当時のまま。

昔の資料を引っ張り出してきて、ソフトウェアのインストール。

Managerprocesstime141117

Windowsリアルタイム制御の1ms割り込み周期を評価したところ

0.818msから1.137ms。

-18%から+14%も周期ジッタがある。

おかしい。

Dedicatede_processor_configuration_

4CPUのうち、

1CPUをリアルタイム専用処理に割り当てているのに

悪い数字が出るわけがない。

原因がわからない。

OSインストールから、やり直しかなぁ。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 中川村のぎんなん | トップページ | ドイツ製のモータ制御IC »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中川村のぎんなん | トップページ | ドイツ製のモータ制御IC »