« むずかしい仕事に時間を使う | トップページ | 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 »

2014年11月 8日

論理回路動作シミュレータModelSim(モデルシム)

論理回路動作シミュレータModelSim(モデルシム)

やっと動いた。

Modelsim141108

ソフトをインストールして、やみくもにいじって、動かなかった。

しようがない。

アルテラのホームページのオンライントレーニングを見た。

よくわからない。

もしかしたら、F9キーの繰り返し?

動き始めました。

リセット入力付きD型フリップフロップ回路。

Modelsimclock141109
信号名を右クリックして、

Clock入れたり、Forceで信号レベルを指定して

F9キーで、時間を進めていきます。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« むずかしい仕事に時間を使う | トップページ | 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« むずかしい仕事に時間を使う | トップページ | 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 »