« 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 | トップページ | パルス列位置指令モーションコントローラで位置ずれする »

2014年11月10日

WindowsリアルタイムパソコンをNIPRONのATX電源に変更

NIPRONのATX電源に変更

購入した二プロン社電源をパソコンにつけました。

インチねじではなくて、ミリねじを使っています。
Dscf0430

二プロン製のカラフルなハーネスも買って

余った部分をぐるぐる巻いて、

結束バンドで、束ねて、こんな感じ。

Dscf0439

丸2日、

Windowsリアルタイム制御で、

1ms周期の8軸モーション演算パルス列出力のドライ運転。

I7nipronaging1411102

OK。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 | トップページ | パルス列位置指令モーションコントローラで位置ずれする »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 24V電源3線式NPN型オープンコレクタ出力センサの活電挿抜 | トップページ | パルス列位置指令モーションコントローラで位置ずれする »