« 2チャンネル500kHzサンプリング処理 | トップページ | アルテラ社のPinPlanner(ピンプランナー) »

2014年11月24日

エンコーダZ相検出速度が違うと原点がずれる

エンコーダZ相検出速度が違うと原点がずれる

いまどき、出くわさないと思っていましたが、久々にありました。

エンコーダのZ相を検出して、そこで内部フィードバックカウンタを自動クリアするサーボドライバ。

Z相検出速度が変わると、内部カウンタクリアの位置がずれる。

マイコンソフトウェアで処理しているのでしょうね。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 2チャンネル500kHzサンプリング処理 | トップページ | アルテラ社のPinPlanner(ピンプランナー) »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2チャンネル500kHzサンプリング処理 | トップページ | アルテラ社のPinPlanner(ピンプランナー) »