« 中央アルプスの雪がすぐ近くまで降りてきました | トップページ | 現実の動作波形が正確 »

2014年12月 7日

4GBのDDR3-1666メモリを増設

4GBのDDR3-1666メモリを増設

Transcend_4gb

をインターネットで購入して

4Uの19インチの産業用パソコンのCPUボードに増設。

Memory_2piece

2枚になるので8GB。

アルテラ社のQuartusII(クウォータス・ツー)という

FPGA論理回路設計ソフトのバージョン14.0を使用中。

IC内部の配置配線機能「Fitter(フィッター)」を動かし始めたら、

メモリ4GB搭載でも、ほとんど画面が止まった状態。

4GB増やして、8GBにしたら、スムーズに動くようになりました。

Removable_hdd_case_141207

普段、このパソコンは、

Window 7 Professional 32bit環境で、

WindowsリアルタイムIO制御性能評価に使っています。

最近、特別なテーマで、

QuartusII(クウォータス・ツー)の64bit環境動作が必要なので

写真のリムーバブルのHDDケース機能を活用しています。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 中央アルプスの雪がすぐ近くまで降りてきました | トップページ | 現実の動作波形が正確 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中央アルプスの雪がすぐ近くまで降りてきました | トップページ | 現実の動作波形が正確 »