« きょうもドタバタ | トップページ | 1990年設計の電子回路基板のコピー »

2014年12月 3日

制御対象がカウンタなら比例制御で静的な評価

制御対象がカウンタなら比例制御で静的な評価

久々に、制御理論を議論しました。

制御対象がカウンタなら、比例補償で

ステップ目標値入力に対して偏差がゼロになるので、

静的な評価が可能。

思い出しました。

1形系。

お客様を訪問して、仕事内容の打ち合わせをしていたら

突然、「実験室でやっている実験をちょっと見てほしい」

と言われて、

「ここの波形は、どうなっていますか?」とか、コメント。

その後、ホワイトボードの前に立って、

コンサルティング。

なんとか、はるか昔のことを思い出して、

ブロック図と式で、現象を説明しました。

冷や汗。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« きょうもドタバタ | トップページ | 1990年設計の電子回路基板のコピー »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きょうもドタバタ | トップページ | 1990年設計の電子回路基板のコピー »