« 8か月かかって問題解決 | トップページ | 製品開発したくてしょうがない人 »

2015年3月31日

画像処理がWindowsリアルタイム処理でないとき

画像処理がWindowsリアルタイム処理でないとき

IO制御だけ

Windowsリアルタイム処理にして

タクトタイム短縮の効果があるか、

時間分析してみてください。

機械制御に長いシーケンスがあるなら

WindowsリアルタイムIO制御の効果が現れます。

たとえば、

コンベアで流れてくるワークを

画像処理で良品、不良品、判別して

ソレノイド(DOUT)で不良品をはねるだけだったら、

WindowsリアルタイムIO制御導入のメリットは

ないです。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 8か月かかって問題解決 | トップページ | 製品開発したくてしょうがない人 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

お客様の話を聞いていると、
必要とされる実時間性で、
以下の3グループに分かれるような印象です。

A,マイコン制御

B,Windowsリアルタイム制御、PLC制御

C,Windows制御

モーションおやじ

投稿: モーションおやじ | 2015年4月 2日 19時57分

同意です。InterfaceやCONTECのIOボードを挿してVisualStudioで制御すれば事足りる人って多いと思います。モーターアンプによっては番地動作(メモリに書き込まれた位置情報)への移動ができるから、本格に的に必要になってくるのは位置軌跡生成をPCで行うときでしょうかね?IO制御をus単位で制御したいとなると組込機器を開発してくれってなるだろうし。

投稿: | 2015年4月 2日 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8か月かかって問題解決 | トップページ | 製品開発したくてしょうがない人 »