« 5軸ロボット動作の立会い実験 | トップページ | 開発フェーズ1の納品 »

2015年5月12日

マイクロステップドライバ動作評価

マイクロステップドライバ動作評価

特別仕様のマイクロステップドライバが入荷していたので、

やっと動作評価をしました。

PWMのキーンという音がかすかにするけれど、

指令パルスを入れても、シャフトが回らない。

なぜかな?

しばらく、考えていました。

うーん。

わかった。

ステップドライバの励磁オンが、

サーボドライバと逆なのね。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 5軸ロボット動作の立会い実験 | トップページ | 開発フェーズ1の納品 »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

調整時に、保持力を無くして、手動で作業することがあるみたいです。

モーションおやじ

投稿: モーションおやじ | 2015年5月13日 21時30分

ステッピングモータの場合は励磁オフ入力ですね。

動作の仕組み上、保持してないと位置情報が狂ってしまうのでデフォルトが常時通電なんでしょうね。励磁オフを積極的に使われているということは保持力を失くして軸が動くようになる必要があるんですかね?

投稿: | 2015年5月12日 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5軸ロボット動作の立会い実験 | トップページ | 開発フェーズ1の納品 »